ロケ地別作品INDEX: Thames & Chilterns
(
オックスフォードとロンドン近郊)


Oxfordshire: オックスフォード
Buckinghamshireイートン校


Berkshire

Oxfordshire

Oxford University, Oxfordshire

 

  • 『主任警部モース(モース警部)』Inspector Morse (1987)
  • 『華麗なる貴族/チャールズとセバスチャン』"Brideshead Revisited" (1982)...Wadham College, Hertford College, Christ Church
Shadowlands(永遠の愛に生きて)

初めて訪れたオックスフォードは、中世に建てられたカレッジや教会、図書館が沢山あって落ち着いた雰囲気の中にも活気があって素晴らしいところでした。この映画の舞台となったMagdalen collegeやハンフリー公爵図書館の15世紀のチャペルは残念ながら訪問しませんでしたが、観光したクライストチャーチと良く似ていてとても懐かしかった! (もっとも英国国教会はどこもよく似ていますが・・・)

映画の中で、アメリカから来た母子が主人公の教授(アンソニーホプキンス)の住むオックスフォード郊外のコテージに泊まったときのこと。子供が「どうしてこの家は暖房がないの?」と聞くと、母親(デブラ・ウィンガー)は「どうしてかしら。変な国だからでしょ」と言っていたのが面白かったですね。アメリカ人にしても英国は「変な国」???

(ももじろうさん・5/4)

◆『Another Country

Oxfordの名所、Radcliffe Cameraの隣にあるBrasenose CollegeExeter Collegeに挟まれた小道を、私は「アナ・カンストリート」と呼んでいます。そう、映画での回想シーンの最後、GuyTommyがベンチに座ったり、散歩をしながら話をしている道なのです。大学の建物と壁に挟まれた暗い道だけれども、石畳で情趣あるムードたっぷりの通りです。

私はOxfordに訪れるたびにこの「アナ・カンストリート」を歩くようにしています。初めて訪れた時は、ベンチこそ無かったけれど、映画の雰囲気がそのまま。2度目は、ちょうどこの近くの大学で映画かTVの撮影をしていて、この通りはエキストラ達のランチ支給場所になっていて、18世紀頃の衣装を着た人達でいっぱいでした。そして、3度目は、工事中?何か物置き状態になっていて、それを背景に、雨の中、一つの傘の下で、カップルがキスシーン。確か男性と女性のカップルでしたが。

(Eikoさん・1/16)

◆『Inspector Morse

昨年の夏訪れたマン島のB&Bで、次はオックスフォードに行く、という話を宿の主人にしました。すると「オックスフォードが舞台になってるよ」と言って、ちょうどその時テレビで放映されているのを見せてくれました。どの回のものかはわかりませんが、ブレナム宮殿が主な舞台、他には中心部のクライストチャーチやきれいな街並みが映っており、印象的でした。ドラマの中で、モースと女の人(覚えてなくて申し訳ないです)が庭園の中で野外演奏を聴いているシーンがあります。おそらくクライストチャーチの中のキャセドラルではなかったかと、思います。オックスフォードを訪れる前に、街の雰囲気を知ることができたので、その偶然がうれしく、思い出に残っています。今度日本でも放映されるとのことで、このことを懐かしく思い出しました。

(Naomiさん・2001/4/8)

◆『アナザー・カントリー』

行ってきました「アナカン・ストリート」ボドレイヤンライブラリーを右側にしてした構図ですね。先月ちょっとだけオックスフォードの語学学校に行っていたので何度も行きましたよ。後ろにラドクリフカメラがあるのにそれを見ずにただの小道の壁に寄りかかっている私はかなり変だったかも。やっと10数年の夢がかないましたわ。

(のんのんさん・2003/6/12)

 

Buckinghamshire

イートンカレッジ (Eton College, Eton, Buckinghamshire)
『スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする』 Spider (2002)
『恋に落ちたシェイクスピア』Shakespere in Love (1998)
『英国万歳!』The Madness of King George(1994)
『秘密の花園』The Secret Garden (1993)
『炎のランナー』Chariots of Fire(1981)

参考:『アナザー・カントリー』Another Country(1984)舞台となった場所

◆『アナザー・カントリー』

1991年にロンドンに滞在していた際、大好きな「アナザー・カントリー」の舞台というだけで、わざわざ見学に行ってしまいました。あのウインザー城のすぐ近くです。

見学料を入口で払い校門を抜けると、映画のオープニングを始め随所に出てくる中庭があり、今にも主人公達が出てきそうで本当に嬉しくなってしまいました。その日は学校の中までは見ることが出来ませんでしたが、ちょうど日本で言うところの小学生ぐらいの子達が校庭で軍事訓練?をやっていました。全員迷彩服を着てはしゃいでいる姿がとても可愛かったです。

ウインザー城からイートンカレッジに向かう通り沿いには、アンティークのお店がたくさんあり、ウインドウを眺めるだけでも楽しいです。

Anthonyさん・5/21

◆『アナザー・カントリー』

まさに私の夢でした。でも意外とウィンザー城から遠かった。
途中代表のベストをウィンドーに飾った仕立て屋さんがあって、イートニアンが制服を採寸してました。ブラックテイルコートをきたイートニアンも何人かみれたし大満足。

実際には撮影許可が下りなかったというですが、ガイ・バージェスはここに実在したんですから。でもやはり校舎の赤レンガはちょっとイメージと違ったかも。ほんと赤い。高校の英語の教科書にイートン校がでて映画と彫像が違うとは思ってたんですが、写真は白黒だったので校舎の色まではでていなかったので。帰りはイートニアン御用達の文具やさんで普段買わないポストカードを購入。店の奥は簡易郵便局になっていて結構並んで出してました。用もないのにふらふらしちゃった。今度はケアリーの母校ハーロウ校にいってみたいな。

(のんのんさん・2003/6/12)

 

Bedfordshire

Hertfordshire

i