Home>>Travel Tips Index


Accommodation

現地で探す? 日本から予約?


インターネットで宿探し

最も利用しやすいのは各地方の観光局のサイト。他にも便利なサイトがありますので、ここでURLを挙げます。ネット上で予約をすると割引きになることも。

AA (The Automobile Association UK)

Booking.com・・・大手予約サイト

UK-BOOKINGS・・・事前に予約金支払不要というところが便利(私も利用経験有り)

UK-HOTEL-BOOKING・・・日本人の運営なので日本語サポートが受けられて安心だそうです

オクトパス・トラベル

Smooth Hound(mirror) ・・・AA/RAC/観光局のRatingも出ます

Scotland's Best B&Bs

Farmhouse Holiday ・・・ファームハウス

Wolsey Lodges ... こだわりの宿

Bed & Breakfast for Garden Lovers ・・・ガーデニング好きのためのBBガイド

 

B&Bに予約は必要?

「(一年を通じて)ロンドン」
「夏の湖水地方」
「8月のエディンバラ」
(ミリタリー・タトゥーがあるので)

この3つの場合以外は、予約をしなくてもほぼ大丈夫だといわれています。ただ、目的地によっては例外もありますので(見本市や国際会議、お祭りなどがある場合は宿がとりにくい)、イベント情報はネットで調べておいた方が良いでしょう。 また、初めての旅行だったらあらかじめ予約をしておいた方が安心かもしれません。

バンクホリディの連休は観光地が国内旅行客であふれるため、予約をしたほうが望ましいです。

 

現地で探す

各地のツーリスト・インフォメーションは夕方5〜6時まで開いているので、どのあたりの通りにB&Bがたくさんあるか尋ねても良いし、通り掛かりの人に聞いてみても良いでしょう。 荷物が重くて宿探しの体力がないときはツーリスト・インフォメーションに頼めばすぐ探してもらえます。 その際は予算を必ず聞かれるので、「£○○以下でツインを1泊探してます」のように伝えます。 デポジット(預り金)を一割ほど取られますが、精算のときに戻ってきます。 手数料はあったとしてもわずか。 また、数日先の宿を予約したり、離れた町の宿の予約をすることもできるので必要ならカウンターで尋ねてみてください。

ドライブ旅行の場合

ドライブ旅行の場合、よっぽど遅い時間になるというのでなければ、B&Bの類は予約無しでも大丈夫。 たとえば私の旅行記からもおわかりいただけますように、宿探し開始時間は夜の8-9時くらいということも多々ありましたが、こんな時間でもB&Bがなくて困るということはありませんでした。 ひとつの村で見つからなければ車を飛ばして次の村で探せばいいだけのこと。 時間など気にせずめいっぱい遊んでから、ふらりふらりと気に入った町に宿をとる・・・個人旅行ならではの醍醐味です。部屋を見せてもらってから気に入ったところに泊まることもできます。 詳しくはB&Bを決める際のチェックポイントで。

交通機関を利用する場合

鉄道やバスなどの公共の交通機関を利用して旅行される方にとって、宿探しの上で一番のネックになるのは荷物の重さでしょう。 ツーリスト・インフォメーションが閉まってから重い荷物を持って宿探しに歩き回るという事態を避けたければ、ガイドブックなどB&Bの電話番号リストが載っているものを持参すると便利です。 次から次へと電話で空室確認が出来ますので。

 

日本から予約

B&Bガイドは特に買わなくても、各地の観光局のサイトで詳細条件を指定して検索できます。また、紙媒体でもBTAでもらえる資料についてくるリストで充分。各地方のリーフレット(たとえば「コーンウォール」とか「バース」など目的地ごとに細かく分かれています)の一番後ろにお勧めの宿がたくさん載っています。また、そういったリーフレットがない地方でも、BTAにあるB&Bガイドをコピーして送ってもらうこともできます。

マナー・ハウスについては宿泊に提供している部屋数も少なく人気も高いので、予約をしていくのがが望ましいです。

 

予約時にクレジットカード番号を聞かれることも

B&Bを予約する際に、「予約確認手続きのためにクレジット番号を送ってくれ」と言われることがあります。 これは、予約しておいて泊まりに来なかった場合(または当日ドタキャンされてしまった場合)、宿側が損をしてしまうリスクを減らすため。

カード情報(カードの種類・名義人・番号・有効期限)を伝える際は、FAXにするか、eメールなら情報を2通以上に分けて送ったほうが良いでしょう。 こうしたカード情報を悪用されることはめったにないとは思いますが、もし何かあったらカード会社に申し立てをし、引き落としされないようにしてもらうこともできるとか。

もし旅行日程があまり決まっていないうちに予約するということなら、「宿泊の何日前までにキャンセルすれば取消料がかからないか」を確認しておいた方が良いです。

 

到着が遅い時間になる場合

予約したホテル、B&Bに到着する時間が遅れる場合は必ず電話を入れておきましょう。 あまり遅いと予約を取り消されてしまうかも。
たとえばあるホテルでは「夕方6時までにチェックインできないときは自動的に予約はキャンセルになるので、クレジットカードの番号を教えてくれるならどんなに夜遅くなっても部屋を取っておく」と言われたことがあります。 これは予約しておいて夜遅くなってからキャンセルされるリスクを避けるためのホテル側の都合なのですが・・・ クレジットカードの番号を聞いておけば、万が一その予約客が現れなかったときはそこからキャンセル料(=No show payというらしい)を徴収することが出来るからです。

 

注意

たとえ宿の予約を日本から全くしていなくても、イギリスの入国カードには必ず適当なホテル名を書いておくべき。 入国カードにはイギリスでの住所/連絡先を記入する欄があるのですが、もし決まっていなくてもガイドブックか何かで見つけたホテル名と住所を書いておいたほうがいい。 入国管理審査官に余計な疑いを起こさせることがあるので・・・ イギリス人の友達の名前と住所を書くのもあまりお勧めできません。 その友達の手引きでイギリスにずっと居座るつもりじゃないだろうな?と、根掘り葉掘り聞かれるそうです。


Home>>Travel Tips Index


Copyright (c)1998 Cheeky All Rights Reserved
当サイトに掲載されている情報・記事・画像など、全ての内容の無断転載を禁止します。
引用される際は、必ず出典として当サイト名とURLを明示して下さい。