Home>>Travel Tips Index


ことばの問題 @ 英国

意外に「米語」が通じない


旅行に必要な英語は中学校で習った程度のもので充分。 英会話を習っている人だったら、練習のつもりで積極的に宿の奥さんに近くの名所を聞いたり世間話などもしてみよう。 どんなにブロークンでも「伝えよう」という熱意があればきっと気持ちは通じるはず。

ただ、戦後日本の学校教育はは基本的に「米語」だから、看板を見てあれっと思うこともあるかも。 旅行中良く使う言葉の中でいくつか紛らわしい例を挙げてみる。

<日本語> <英語> <米語>
地下鉄 Underground / tube

Subwayは地下道の意味)

subway
エレベーター lift elevator
ガソリンスタンド Petrol station Gas station
高速道路 Motor way Free way / high way
往復乗車券 Return ticket Round trip ticket
片道乗車券 Single ticket One way ticket
酒屋 Off-licence(*下記参照) Liquor store
薬屋 Chemist's Drug store
遺失物取扱所 Lost property Lost and found
フライドポテト(ジャガイモの細切り揚げ) Chips(フランスでもこちらのほうが通じた) French fries
「何ですって?」(聞き返す時の表現) Sorry ? (英国人は圧倒的にこちらを使う人が多い) Pardon ?
一階、二階、三階(フロアの数え方) Ground floor, 1st floor, 2nd floor 1st floor, 2nd floor, 3rd floor

* Off-licenceについて:アルコール飲料を出すにはいろいろ規制があるようだ。Off-licenceという言葉には、店で飲ませる免許(=licence)がないので店頭で飲ませず小売りすると言う意味があったような気がする。「Licenced」と表示がある店は、中で酒が飲める。

ほかに街で見掛けるフレーズは「litter(ごみ)」「 litter bin(ごみばこ)」「change given(お釣が出ます)」「exact money only(お釣りが出ません)」「roundabout(ロータリー式交差点)」などなど。

 

冗談のようだが、アメリカ人には驚くほど「英語」が通じない。 「それで往復券(=Return ticket)買ったらね…」「え??Return?」「ほら、行きの切符と帰りの切符一緒に買うやつよ」「ああ、わかったRound trip ticketのこと!」 ×××Return ticket」が「英語」だったなんてアメリカ人と話して初めて気が付いた。

(ネイティブ同様の帰国子女の方たちのことはこの際考慮に入れないとして、)普通の語学レベルの日本人だったらあまり妙なスラングは使わず、「フランクではあっても下品じゃない」話し方をするべき。 映画で「f*** you!」などとやっているのを聞いても真似しない方が賢明。 少なくともイギリスの田舎では。 それほど下品な言葉じゃなくてもスラング(=俗語)には流行り廃りがあるし、分別ある大人はそんなに多用しない。 たとえばあなただって「ナウなヤングなんてチョベリバー(*すべて死語)」などと変な外人にたどたどしい日本語で話し掛けられたら気持ち悪いはず。

 


Home>>Travel Tips Index


Copyright (c)1998 Cheeky All Rights Reserved
当サイトに掲載されている情報・記事・画像など、全ての内容の無断転載を禁止します。
引用される際は、必ず出典として当サイト名とURLを明示して下さい。