Cinema ロケ地別INDEX 俳優 A to Z 女優 A to Z Home

Cambridge Spies (2003)

〜ケンブリッジのスパイたち・・・フィルビー、バージェス、ブラント、マクレーン〜

Story Check & 解説 主な実在の登場人物 年表
ロケ地 キャスト 参考資料とリンク  

 


国内盤DVDなし・未放映。(私はUKDVDで観ました)
輸入盤DVDUS盤(リージョン1)UK(リージョン2・PAL)

>>>輸入ソフト購入時の注意


Story

イギリスを震撼させたケンブリッジ出身の4人のダブル・スパイ、キム・フィルビー、ガイ・バージェス、ドナルド・マクレーン、アントニー・ブラント。彼らが出会った1930年代のケンブリッジから、第二次大戦、戦後の冷戦を経て1950年代初頭にバージェスがマクレーンとともにソ連に亡命するまでを描く。名門パブリックスクールからケンブリッジに進学したエリート中のエリート、何不自由ない上流階級に育った若者たち。彼らはその才能とバックグラウンドを生かして英国情報部、外務省、BBC、王室とイギリスの支配階級の中枢に深く潜入し、KGBに情報を送り続けた。なぜ将来を約束されたエリートたちが共産主義に傾倒し国を裏切るようになったのか・・・

BBC製作、豪華キャストで実現した本格ドラマ。

画像はオフィシャルサイトまたはこちらをご覧下さい。

ロケ地

Cambridge University, Cambridge

Kings CollegeSt John's Collegeが撮影に使用されている。3人が裸で飛び込む場面はケム川。

Cambridge University : www.cam.ac.uk
Kings College:
www.kings.cam.ac.uk
St John's College:
www.joh.cam.ac.uk


Kings Collegeとケム川

St John's College

 

The Phoenix Artists Club, Charing Cross Road, London

Acton, London

Montagu Street, WC1

Bentnick Street(W1)にあったバージェスのフラットとして

South Parade, SW3

(マクレーンのフラットとして)

ハイゲイト墓地(Highgate Cemetery, London

カール・マルクスの墓があることでも知られるロンドン北部の墓地。ジョージ・エリオットやファラデー、哲学者スペンサーもここに眠っている。

www.highgate-cemetery.org

Regents Park, London

St James Park, London

Hyde Park, London

Serpentine Bridge、イタリア式噴水、アルバート・メモリアル付近が撮影に使用されている

The Reform Club, London

The Traveller's Clubとして)
著名な老舗のクラブ。The Traveller's Clubもともに、厳しい入会基準が設けられている

County Hall, London SE1

(トイレで逮捕されたガイが裁判を受けるBow Street Magistrates Court として)

I.C.E (Institution of Civil Engineers) , London

(外務省、英国大使館として)

Brunel Roomが英国大使館として使用されている

One Great George Street, Westminster, London SW1P 3AA
www.ice.org.uk

Bethnal Green Town Hall, London

(BBCとして)

Wandsworth Town Hall, London SW18

MI5として)

Ham House

(ケンジントン宮殿として)

ナショナルトラスト管理の17世紀の屋敷。
Ham Street,Ham,Richmond-upon-Thames,TW10 7RS

Windsor Park

Wrotham Park , Hertfordshire

(ウィンザー城として)

Barnet, Hertfordshire EN5 4SB, England
www.wrothampark.com

Bluebell Railway

(第3話、ブレッチレーに向かうブラントが利用するロンドンの駅として)

イングランド南東部を走る保存鉄道
www.bluebell-railway.co.uk

Waddesdon Manor, Buckinghamshire

(第3話、ブラントがウィンザー公の手紙を取り戻しに行ったドイツのKronberg城として)

www.waddesdon.org.uk

Cambridge American Cemetery

米アーリントン墓地として

www.abmc.gov/ca.htm

その他

ベネツィアの場面はスペイン・バルセロナで、スペイン内戦中のゲルニカの場面はスペイン・マドリッドで撮影された。

 

キャスト

Toby Stephens .... Kim Philby
Tom Hollander .... Guy Burgess
Samuel West .... Anthony Blunt
Rupert Penry-Jones .... Donald Maclean

Stuart Laing .... Jack Hewit(バージェスの恋人)

[Episode 1]
Patrick Kennedy .... Julian Bell(バージェスの片思いの相手・ヴァネッサ・ベルの息子)
Jenna Harrison .... Miriam Block(ユダヤ人女性)
Daniel Hart .... Michael Frank (ケンブリッジのウェイター・バージェスの恋人に)
Simon Woods .... Charlie Givens(バージェスらに敵対心を持つ学生)
Adam Blackwood .... Oliver Lester
Nicholas Burns .... Rightwing Student
Peter Eyre .... Arthur Quigley
Marcel Iures .... Otto (KGB連絡員)
Lisa Dillon .... Litzi Friedman (フィルビーの最初の妻・共産党)
Leon Lissek .... Prof. Bruno Klein(Litziが助けようとしたユダヤ人の教授)

[Episode 2 ]
Marcel Iures .... Otto (KGB連絡員)
Patrick Kennedy .... Julian Bell(バージェスの片思いの相手・ヴァネッサ・ベルの息子)
Nicholas Day .... Lord Raveley
Simon Jones .... Sir Michael Boal
Smon Masterson Smith .... Sir Clive Woodham
Michelle Newell .... Norma(外務省の女性職員・KGBに通じている)
Julian Firth .... 皇太子
Imelda Staunton ...エリザベス
Mary Jo Randle .... Marge
John Light .... James Angleton (米国人・CIAエージェント)

[Episode 3]
Anna-Louise Plowman .... Melinda Maclean(マクレーンの妻・米国人)
Darrell D'Silva .... Henry
Ben Meyjes ... Captain Clough
Ian Shaw ... Major Hart
Ronald Pickup ....Colonel Winter
Angus Wright ... Guy Liddell
Alastair Galbraith ... Cairncross
Boris Isarov ... Boris(KGB連絡員)
Kathryn Akin .... Captain Nash
Joe Searby .... Krivitski(マクレーンを知っているKGBスパイ)

[Episode 4]
James Fox .... Lord Halifax (在米英国大使)
Lucy Russell ... Aileen Furse(フィルビーの2番目の妻)
Garrick Hagon ....Klaus Fucks(原子力スパイ)
John Light .... James Angleton (米国人・CIAエージェント)
Emma Davies .... Mrs. Angleton
John Guerrasio .... Gen. Walter Bedell-Smith (米国CIA長官)
Anthony Andrews .... 英国王ジョージ6世
Imelda Staunton ...ジョージ6世妃エリザベス
Nancy Crane .... Nicole Ivanisovic
Colin Higgins .... Porter

キャストについて補足

Tom Hollander(バージェス):『マーサ・ミーツ・ボーイズ』Martha, Meet Frank, Daniel and Laurence (1998)『エニグマ』 Enigma (2001) 『抱擁』 Possession (2002) 『ゴスフォード・パーク』 Gosford Park (2001) など。舞台でも活躍。

Rupert Penry-Jones(マクレーン):『プリンスは大学生』のプリンス、『スティル・クレイジー』 Still Crazy (1998) 『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』 Hilary and Jackie (1998) 『ヴァーチャル・セクシュアリティ』 Virtual Sexuality (1999) など

Anthony Andrews(ジョージ6世):『ブライズヘッドふたたび』 Brideshead Revisited (1981) のセバスチアン役など

 

参考資料

imdb.com/title/tt0346223/
Official Site: www.bbc.co.uk/history/programmes/cambridge_spies/

書籍:

『ケンブリッジのエリートたち』
リチャード・ディーコン (著), 橋口 稔 (翻訳); 晶文社; ISBN: 4794959214 ; (1988/01/01)
・・・ケンブリッジ使徒会について。主にバージェスとブラントについて

『世界を騒がせたスパイたち〈上〉』
現代教養文庫―ワールド・グレーティスト・シリーズ
社会思想社 ; ISBN: 4390113321 ; 上 巻 (1990/03/01)
・・・フィルビーを始めとする4人、クラウス・フックスについて

Web

http://www.bbc.co.uk/history/war/coldwar/cambridge_spies_01.shtml

Crime Library-The Cambridge Spies
http://www.crimelibrary.com/spies/cambridge/cambridgemain.htm

Crime Library-Klaus Fuchs:
http://www.crimelibrary.com/terrorists_spies/spies/fuchs/1.html

UK Spy Cases
http://intellit.muskingum.edu/uk_folder/ukspycases_folder/ukspycasestoc.html

http://www.spartacus.schoolnet.co.uk/

http://www.pbs.org/wgbh/nova/venona/

サミュエル・ウェスト(アントニー・ブラント)、トビー・スティーブンス(キム・フィルビー)、トム・ホランダー(ガイ・バージェス)、ルパート・ペンリー・ジョーンズ(ドナルド・マクレーン ドナルド・マクリーン)、アナザー・カントリー


Cinema ロケ地別INDEX 俳優 A to Z 女優 A to Z Home

Copyright (c)2003 Cheeky All Rights Reserved
当サイトに掲載されている情報・記事・画像など、全ての内容の無断転載を禁止します。
引用される際は、必ず出典として当サイト名とURLを明示してください。